Original Decoretion PC(略してODP)第1弾  “プランターPC”

 いろいろあるネタの中から選ばれた第1弾は「プランター」だ、プランターと言えば、花を植たりするアレだ、つー事でプランターに偽装したPCを造る

マシン・スペック一覧(Name:PC-PLANTER M200α)

CPU MMXPentium200(もらいもの)
Memory 128M Byte CL3(もらいもの/サージをくらった恐れあり)
M/B ASUSE TX97-XE(もらいもの)
VGA CARDEX GenesisEV+(S3 Trio64v2 2M-VRAM)
SOUND ASOUND AS007 3D PnP(ISA)
NIC COREGA Ether PCI-T(10B/T)
FDD MITSUMI M359M3(2Mode)
HDD 540M(もらいもの)

結構「もらいもの」が多いが、遊びで造るマシンなので問題はない

その他の部分にいくらお金が掛かるか判らないが「本人が楽しければ(出来れば周りの人間も)」良いのだ

 適当に見つけてきた木製のプランター(当然M/Bの入るモノ)にM/Bを固定する、通常の組み付けのように金属製スタッドを使うが、板にあける穴のサイズに注意だ

 現物合わせによりプランター本体を加工する(背部の穴、ドライブの穴)、併せて、内側にはアルミテープでシールド加工しデンパが漏れないようにしよう

 足りない部分は、木角材で構築、木工用ボンドと木ネジが勝負の決め手だ

<<表からだとただのプランター>>

<<裏側だとPCだって事が良くわかる>>

 蓋を作りヒンジで固定、閉じた時にロックできるようにツメを取り付け、開いた時にも止まるように突っ張り(ラジオつなぎ)を付ける

蓋の表には、造花を使いデコレーション偽装する

 ドライブは蓋の部分にぶら下げるように固定した

高さに余裕がなかったので、FDD/HDDは拡張カードの間に入るようにする

FDDの顔面を本体と同色に塗装し偽装する

CDドライブは搭栽する気はないのだが、取り付けもできるように加工する

(使わなくても使えるようにするのも「こだわり」のひとつ)

 この蓋とドライブの固定方法の福産物として、メンテし易いマシンとなった

 #1.蓋はワンタッチで開閉可能、しかも開けたまま固定できる

 #2.ドライブが一緒に移動するのでM/Bにアクセスしやすい

 しかし、これ以上拡張とかしないマシンに、メンテ性はあまり必要としないのであった

<<蓋を開けた状態>>

左上でドライブが蓋にぶら下がっている

 Logitecの板型スピーカー「なるふぉと」をDCから電源を取るように改造し

両サイドに固定した

<<これがスピーカー>>

木目PCで使用してたテクスチャーを貼ってある

 動作試験のためWindowsをインストールだ、使ってないPCからCDドライブを借用し

インストール、問題なく動作する事を確認する

用が済んだらCDドライブは取り外してしまう、代りに5’ベイの蓋を塗装してはめておいた

<<当初、CDドライブも搭載してたしFDDのお面も白かった>>

 失敗:電源・リセットスイッチにジョイスティックから奪ったボタンを使用したため、スイッチに触れただけで、電源が入ったりする、もう少しテンションの高いスイッチにせねばなるまい、多分掃除するときなどに、不意に電源がはいるような事になる

 問題:間違って水をかれられたりしないだろうか…

それよりも…だ、第一弾の出来映えが良すぎる、第二弾が負けないか心配だなぁ


 現在このPCは島根県安来にある「鷺の湯温泉」の旅館「安来苑」のロビー端末として稼動中である

<<PC-プランター現在の様子>>

左でPCを操作しているのは、友人である

 問題はパソコンに見えないので、みなさん(常連のPCユーザー)は「まず本体」を探してるらしい

う~む偽装し過ぎたカモ

しかるに「安来苑」とは…

 旅館ながら、ご主人の趣味によりLinuxを基幹とするサーバの運用からインターネット接続のサービスも行なっている、ラインは専用線として常時接続しており、ロビー端末からも24時間使用可能、インターネット利用自体は無料、旅館利用者にはIPの貸し出しも行なっているので、LANが利用できるパソコンを持ち込み各部屋に引かれたLANを介してインターネットを利用することも可能(ハブも貸してもらえる)、もちろん無料でである(各部屋へのLANは、ご主人の手により現在も構築中)
 近場のLinuxやMAC等のユーザーグループが利用することもしばしばあり、UNIX
USER誌(1999/7)に取りあげられ、紹介された事もあるという「ソッチ」方面では結構有名(?)
 いろいろと面倒を見てもらったりしてお世話になっているので、そろそろ動作のきつくなってきたロビー端末(i486
66MHz)の後任としてプレゼントした、中身はWinだが外観上LinuxやMACの方々にもウケてもらいたいと思う、「iM*CをパクったようなPC」よりはイイと思うぞ(一発モノだが)
 なお、安来苑のご主人ををはじめ、今まで見ていただいた方々にウケてるモヨウ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。